転換社債

転換社債
株式に転換できる権利が付いた社債のことです。英語で、Convertible Bonと言い、略してCBと呼ばれます。

転換社債は、2002年4月に施行された商法改正により、転換権はストックオプションとともに新株予約権に統一され、正式名称は「転換社債型新株引受権付社債」となりました。転換社債は、発行時にいつでも決められた条件つきで株式に転換できる社債のことです。半年あるいは1年ごとに債券として利息を受取ることもでき、転換しないで満期まで保有すれば額面で償還されます。転換社債の価格はいくつかありますが、100万円が一般的です。転換社債は株式に換える権利が付いているため、株式の投機性と社債の安全性を併せ持っていることが特徴です。ただし、債務不履行などの信用リスクが高いと判断された場合は、下落する可能性もあります。

たとえば、券面が100万円の転換社債で、その転換価格が1000円とすれば、その社債の保有者は社債と引換えに、その企業が発行する普通株を1000株取得することができます。株価が1100円の時点に権利を行使すれば10万円の利益が得られることになります。また、株が値上がりしない場合には、社債として保有して利子を受取ることもできます。転換社債を発行する企業にとっては、当初は社債であっても株式への転換が進めば償還する必要がなくなるほか、金利負担も軽減し株主資本の充実にもつながります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading