逆張り

逆張り
株式投資において、市場環境が悪く株価が下落している時に株を買い、市場環境がよく株価が上昇している時に株を売る株式投資の手法のひとつです。英語ではContrarianと言います。

市場人気に従って株式の売買をするのが「順張り」ですが、株式相場は人気の裏目に出ることも多いので、むしろ株価が勢いに乗って上がる時に売り、値下がりしている時に買うことも有効な時があります。このように、市場人気の逆をいくことを逆張りと言います。

逆張りは、下げ傾向にある銘柄を買うことになりますが、悪材料で急落している銘柄もあれば、上昇トレンドの中休み的に下げている銘柄もあります。逆張りは銘柄選びを間違えると失敗のダメージも大きいので、下げている理由がわからない銘柄はリスクが増します。安く買って高く売ることが逆張りの基本ですが、うまく下げ止まりで買うことが大きなポイントで、反転し大きく上昇した分を儲け(利益)とすることができるのです。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading