契約型投資信託

契約型投資信託
運用会社と信託銀行が信託契約を結ぶことによって組成され、運用される投資信託のことです。英語ではContract Type Investment Trustと言います。

一般に投資信託は、「契約型投資信託」と「会社型投資信託」とに分けられ、契約型投資信託はさらに「委託者指図型投資信託」と「委託者非指図型投資信託」に分けられます。日本の証券投資信託は、契約型投資信託が主流であり、通常「投資信託」という場合は契約型投資信託のことを指します。信託とは契約を結んで組成するものなので、「契約型」という言葉は本来不要なのですが、会社型投資信託との比較をする際の比較用語として使われることが多いです。

契約型投資信託における運用指示は、運用会社が行っており、運用会社が販売会社を兼ねることもよくあります。信託会社が市場投資を行って結果による損益は運用会社にいき、販売会社を通して投資家に分配金や償還金を支払うシステムになっています。また、契約型投資信託から発生する損益には、保有中に受け取る「収益分配金」、解約請求での換金による「解約差損益」、償還の際の「償還差損益」、買取請求での換金による「買取の差損益」があります。これらは、「株式投資信託」か「公社債投資信託」かによって、所得区分が異なるようになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading