限月

限月
「期限の月」の略称で、オプション取引や先物取引の最終決済月(受渡月)のことです。英語では、Contract Monthまたは、Delivery Monthと言います。

限月は通常、取引所で取引される商品に使われる言葉で、店頭取引の場合などは「満期日」、「行使権限日」などと呼ばれます。日本のオプション取引では毎月が限月となり、先物取引では、3、6、9、12月が限月となっています。例えば、3月に期限が満了となるものは「3月限(ぎり)」と言います。また、直近に期限が満了となるものを「当限(期近物)」といって、取引が集中すると言われ、それよりも後に期限が満了になることを「期先物」と言います。

当限の買い立てや売り立ては最終決済日に消滅するため、買いから入っても、売りから入っても、その当限内に決済しなければならず、そのため次の限月以降も買い建てや売り建てができるように、期限を乗り換える行為を「ロールオーバー」と言います。ロールオーバーされると、翌営業日に1番期限の長い月も取引が新たに始まることになり、各限月の最終日には特別清算指数(SQ=Special Quotion)が算出されるので、その前に一旦先物を買い戻し、その後の先物を新しく売るという形になります。SQは、先物やオプション取引において、最終的な決済価格決定を意味しています。

限月を利用した取引の中に「鞘取り」と呼ばれるものがあります。わざと同じ商品の中でも違う限月を取引して、リスクを分散させたり、その価格差を利益として売買する取引です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading