消費者物価指数

消費者物価指数
消費者が実際に商品を購入する時の、商品の物価(小売価格)の変動を指数として表したものです。英語では、Consumer Price Indexと言い、頭文字をとって「CPI」と呼ばれることもあります。

消費者物価指数は、総務省によって毎月発表され、小売物価統計調査を元に作成される指標で、1946年8月より発表が開始されました。総務省の定義には「全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの。すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指数値で示したもの。」となっており、国民の生活水準を示す指標と言われています。

消費者物価指数の具体的な作成方法は、指数を基準年の家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によってどう変化するかを基準年平均=100として表す「ラスパレス算式」によって求められます。約600品目の商品などを対象に、特定の銘柄を指定して調査されています。消費者物価指数は、経済政策や年金の改訂などにも利用され、日銀の金融政策の判断材料にもなる経済指数となっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading