委託手数料

委託手数料
投資家が株や債券などの売買が成立した際に、売買を委託した取扱業者に支払う仲介手数料のこと。英語ではCommissionと言います。

委託業者によって手数料の料金体系は違いますが、売買金額や取引回数に応じて決められていることが多く、一般的には現物株の売買手数料より安く設定されています。投資家は自分の運用資金量や投資スタイルを見極めて、一番効率のいい委託会社を探すことになります。

たとえば、株を100万円で買って、100万5000円で売った場合(消費税を除く)。売買手数料が800円の業者であれば利益が4200円出ますが、手数料が1500円の業者では3500円になってしまいます。

上場株の手数料率については、1999年10月から自由化され、ネット証券の参入により低料金化が進み、デイトレーダーなどが多く出現しています。また、委託手数料の他に、口座管理料が必要な委託業者もあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading