信用倍率

信用倍率
信用取引における、買い残と売り残の比率のことです。

信用倍率とは、信用取引の「買い方」と「売り方」を、株式市場(マーケット)における取り組み状況を数値として表したものです。信用倍率が「1」よりも大きければ、信用買い残が売り残よりも多いことを示し、信用倍率が「1」よりも小さければ、信用売り残が買い残よりも多いことを示しています。一般的に信用倍率は通常は「1」より大きい状態で、信用売り残が増えて「1」に近づいてくると、株価の上昇が高まると言われ、株式市場では好感的に受け取られます。また、信用倍率が「10」を越えると、買いが一方的な状態で、相場が過熱していると言われます。

信用倍率の計算式は 信用倍率=信用買い残÷信用売り残

信用倍率は何倍とい形で表示され、信用買い残が信用売り残の3倍である場合は、「信用倍率は3倍」ということになります。信用倍率は「信用取り組み」とも言われ、信用倍率が高い時は売り圧力が強くなるので、「取り組みが悪い」と表現されます。反対に信用倍率が低い時は買い圧力が強まるので、「取り組みがよい」と表現されます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading