類似会社比準価格算定方式

類似会社比準価格算定方式
株式非公開企業の株価を算定する方式のひとつです。

新規公開や株式公開買い付け価格を決定する場合などで使われます。詳しくは、株式公開前の制限期間中に行う第三者割当増資や株式移動、または入札下限価格の算定の際に用いる株価算定の方式のことです。公開前の株価は市場で成立した時価を持たないため、新規公開申請企業と類似企業の収益力や純資産を勘案して、類似企業比準価格を算出します。類似企業は、上場会社の中から、業種、業態、業績、成長性、規模などの似ている会社を2社以上選ぶことになっています。

算出方法は、類似企業株価÷2×((新規公開企業のEPS÷類似企業EPS)+(新規公開企業のBPS÷類似企業BPS))です。なお、EPSは1株当たり利益で、BPSは1株当たりの純資産です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading