共益権

共益権
株主の権利のひとつで、議決権や株主提案権など、会社の経営に参加し影響を及ぼす権利のこと。英語でRights for Profit-sharingと言います。

一般に株主の権利は共益権と、「自益権」とに分けられ、自益権は株主の権利として、権利行使の結果が当該株主個人の利益だけに関係するものを言います。それに対し共益権は、「経営参加権」とも言われ議決権(会社の経営方針について決議することができる権利)や、株主提案権、株主総会招集請求権や解散請求権、取締役や監査役の解任請求権などがあります。これらの権利を行使した場合は、会社側にも株主全体の利害にも影響を与えます。

共益権の持つ議決権は、基本的に1株につき1個の議決権が与えられていて、これを「1株1議決権の原則」といいます。単元株制度の場合には、1単元につき1個の議決権が認められています。ただし、一定数以上の株式を保有している株主でなければ行使できない「少数株主権」というものもあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading