大引け

大引け
大引けとは、株式取引において取引時間内での最後の取引のこと。英語ではClosing Priceと言います。

証券取引所では、休業日以外は1日に2回の売買が行われるようになっていて、前場(午前立会)と後場(午後立会)と呼ばれています。前場の最後の取引を「前引き」といい、後場の最後の取引を「大引け」と言います。また、大引けの時についた値段を「終値」といいます。時間内であれば、いつでも取引ができる「ザバラ取引」とは違い、大引けの取引では、売り注文と買い注文をまとめて付け合わせる板寄せ方式となります。

東京証券取引所での大引けは午後3時、大阪証券取引所では午後3時10分、名古屋証券取引所では午後3時15分に1日の取引が終了します。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading