クローズド期間

クローズド期間
投資信託において、解約できない一定期間のこと。英語ではClosed Periodと言います。

自由に換金できることが投資信託の原則ですが、商品によっては一定期間解約できないものや、場合によっては償還時まで換金できないものもあります。クローズド期間は、解約の減少を防止し、運用の安定をはかることを目的に設定だれていますが、これはファンドの設定後、期間内の大量の解約が発生してしまうと、予定しているポートフォリオ(資産構成)の構築や安定した効率的運用ができなくなる可能性があるためです。

クローズド期間には長短があり、ファンドによって異なりますが、設定日から3~6ヶ月、1年といった場合が多くなっています。なお、クローズド期間中であっても、受益者の死亡や受益者の疾病などによる生計の維持困難、天災事変やその他の不可抗力により財産の大部分を滅失した時などの特別な事由がある場合は、販売会社が買取りをを行う形式で換金することができます。この特別な事由については、目論見書に記載されています。クローズド期間は単位型投資信託に一般的な制度ですが、公社債投資信託や追加型の株式投資信託でも設定されているものがあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading