クローズドエンド型投資信託

クローズドエンド型投資信託
発行者が発行した証券を途中で換金することができない投資信託のことです。

クローズエンド型投資信託(Close-end Fund)とは、発行証券を保有する投資家から換金の申込みがあっても買い戻すことが保証されていないため、原則として、償還時まで解約?換金ができない投資信託となり、分類としてはファンドの換金方法を基準にしています。ただし、発行証券が金融商品取扱所に上場されているファンドの場合は、上場価格で売却することができます。この場合は、オープンエンド型投資信託(自由に換金できる投資信託)とは違い、基準価格での換金は保証されておらず、実際よりも高く評価されることもあったり、低く評価されることもあります。

クローズエンド型投資信託は、発行者からすれば投資家からの途中解約請求に応じる必要がないので、安定して運用できるというメリットがあります。クローズエンド型投資信託には、REIT(上場不動産投資信託)や、カントリーファンドなどがある。日本の投資信託は、オープンエンド型の方が主流となっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading