チャイニーズウォール

チャイニーズウォール
本来の意味は「万里の長城」ことを指しますが、転じて会社のある部門に所属する者が知りうる内部情報を、別の部門に所属する者が利用できないようにするために設けられた壁(制約)を言います。

チャイニーズウォール(Chinese Wall)とは、銀行や証券会社などで内部情報えお使ったインサイダー取引なども防止したり、利害や目的が異なる部署間の秘密を守るために設けられた内部規制のことです。具体的な例としては、証券会社では企業の内部情報を知りうる引受部門と、投資家などに株を進める営業部門の間で、組織?施設などの分離を行っています。一方、「ファイアーウォール(防火壁)」とは、銀行の業務兼営にともなうリスクや、利益相反などを防止するための制約を指します。

チャイニーズウォールについて米国では、銀行子会社と証券子会社の間に取引や情報、人事の交流などについて細かい制限を設けています。日本では、証券界の自主ルールに任せられており、証券会社の自主ルール「内部者取引管理規則」の中で具体的な内容が定められています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading