キャッシュフロー

キャッシュフロー
企業が通常の経営活動の中で得られた収益を源泉として、自ら積み立てた自己資金のことで、企業の財務諸表におけるデータの一種です。

キャッシュフロー(Cash Flow)は、企業活動の結果や内部に残った資金量を指し、一般に税引後利益かに減価償却を加えたものから、配当金と役員賞与を差し引いて算出されます。株価キャッシュフロー倍率にはこの指標を使います。近年の企業会計において、企業の経営実態を計るための指標として大きな役割を果たしていて、「損益計算書」、「貸借対照表」と並んで重要な財務諸表の一つに挙げられます。また、キャッシュフローが大きいほど、設備投資などの際に外部資金に依存する割合が小さくなるので、企業財務の健全性?充実性を計る重要な尺度としても利用されています。

2000年3月期から日本の企業にも「キャッシュフロー計算書」の有価証券報告書への記載が義務づけられることになりました。キャッシュフロー計算書は3段階構造となっていて、第1段階が営業活動における現金収支を把握する「営業キャッシュフロー」、第2段階が設備投資などの投資活動による現金の収支を見る「投資キャッシュフロー」、第3段階が借入れの増減など財務活動における現金の動きを示す「財務キャッシュフロー」となっています。この3段階のキャッシュフローを合わせた収支尻は、バランスシートの現金の増減と一致するようになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading