資本剰余金

資本剰余金
資本取引から生じた剰余金のことを指します。英語で、Capital Surplusと言います。

資本剰余金とは、貸借対照表の自己資本を構成する一要素で、資本剰余金は資本準備金とその他資本剰余金に分けられます。資本準備金とは株式発行によって得た株主からの出資金のうち資本金に繰り入れなかった額のことです。資本金の1/2未満の金額を資本準備金とすることができます。その他の資本剰余金には、資本金および資本準備金の減少差益、自己株式の処分差益などがあります。

資本剰余金を増加させるためには、増資をする際に自社の株価が高い評価を得ている時に実行することがポイントです。自社の株価が高い時に増資を実行できれば、結果として自社の財務基盤を安定させる資本剰余金の増加につながります。また、自己株式を処分する時も、自社の株価が高い時に実行すれば、自社の財務基盤の安定にもつながり資本剰余金の増加にもつながります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading