キャピタルゲイン

キャピタルゲイン
資産の売買によって得られる利益のことです。英語でCapital Gainと表します。

具体的には、株式?債券?投資信託などの有価証券などの無形固定資産の売却益、信用取引?外国為替証拠金取引?CFD取引などの差金決済益、土地などの不動産?ゴルフ会員権、絵画?金やプラチナなどの貴金属などの有形固定資産などの売買益など、資本的資産の価格変動によって生じる売買損益を指します。これらの利益は、投下資本が大きくレバレッジが高いほど大きくなりますが、同時に市場環境によって大きな損失を被る可能性もあります。

キャピタルゲインに対して、証券の配当や利息など、その資産を保有することで安定して継続的に受け取ることができる現金収入(利益)のことを「インカムゲイン」といいます。トータルリターンという概念で資産運用の収益を考える場合は、キャピタルゲインとインカムゲインを合わせたリターンのことをいいます。ただ、税制面では別々の体系がとられており両方に課税されますが、キャピタルゲインは税務上においては譲渡所得とされ分離課税されます。また、資産を売却した時に損失が発生した場合は「キャピタルロス」と呼ばれインカムゲインと対比されます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading