自己株式

自己株式
自社で保有している自社株式のことを指します。英語ではTreasury Stockと言います。

自己株式は、株主権が行使できないため、保有していても金庫に保管するだけの株式であることから「金庫株」と呼ばれることもあります。自己株式は、基本的には単位末満株を買い取ったり、余剰資金を使って株式を消却することを目的に保有されており、剰余金を配当する場合でも、自己株式に対しては配当することはできないことになっています。

もともと商法では、自己株式の取得を原則的に禁止していました。理由としては、自己株式取得によって株主の議決権を奪い経営者の支配が強まる恐れや、会社の内部情報を知る者が、その情報公開の前に株式を売買するインサイダー取引の可能性、株価操縦に悪用される危険性などがあるためです。しかし、産業界からの自由化要望などで、2001年の商法改正によって、自己株式の取得は原則的に自由となりました。自己株式の取得?保有が可能になると、経営や財務戦略の自由度を高められ、1株あたりの利益も増加するので、最終的には株主還元につがります。また、自己株式保有により、近年のストックオプション制度の費用が節減できます。ストックオプションとは、役員や従業員に対して、報酬や給与の代わりに会社の新株予約権を付与する制度です。自己株式を保有しておくと、役員や従業員からストックオプションの権利行使があったときに、わざわざ新株の発行をする必要はなく、自己株式を交付すれば済むことになります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading