コールオプション

コールオプション
金融商品を将来の一定期日までに、一定価格で買う権利を売買するオプション取引のことです。

オプション取引には、コールオプションとプットオプションの2種類があり、オプション売買は、「コールの買い」、「コールの売り」、「プットの買い」、「プットの売り」の4種類があります。コールオプション取引には、買方と売方が同時に存在することになり、新規に取引を行う際には、買方はプレミアム(オプション料)を支払い、売方はプレミアムを受取ることになります。その後の決済時などに、買方が権利を行使すると、対象とする(金融)商品を権利行使価格で入手できます。この時、売方はこの権利行使に応じなくてはいけません。

コールオプションの買方から入った時は、行使価格よりも上昇になった場合には利益が発生しますが、下落になった場合には、そのまま最初に支払った購入金額だけが損失となります。コールオプションの売方から入った時は、行使価格よりも下落した場合、取引開始時に受取れるプレミアム料がそのまま利益となって、下落するにつれ利益はどんどん膨らみます。ただ、上昇した場合には、安い権利行使価格を売らなければならず、損失は大きくなっていくということになります。オプション取引では期限があらかじめ決まっているので、購入時の価格や満期の価格によって権利を買うということで、損益が決まってきます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading