コールローン

コールローン
コール市場において、資金の貸し手側からみた運用資金のこと。英語ではCall Loanと言います。

コール市場とは、1902年頃に銀行間で資金繰りを調整するために自然発生したもので、期間は半日から翌日物が中心の極めて短期の資金をやりとりする市場です。コールローンは、「呼べばすぐ来る資金」というほど期間の短い資金の貸し借りを指し、資金の貸し手は運用する側で「コールローン」と言い、資金の借り手側では「コールマネー」と言います。コール市場は、日本で歴史のある代表的な短期金融市場であり、銀行などの金融機関同士で短期の資金の貸借が行われる「インターバンク市場」です。その取引には担保を必要とし、担保を必要としない「無担保コール」と「有担保コール」があります。

投資信託の場合は、短期の資金運用の手段としてコールローンが活用されます。コールレートは、一般的には財政資金の動向や、個人や企業の現金の需要に応じて変動し、市場の資金需要に応じて自由金利設定になっています。投資信託や年金の資産をコール市場で運用した場合には、運用の資産の中にコールローンと表示され、現在は、日銀が実施している量的緩和策により「ゼロ金利」に近い状況で推移しています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading