ボトムアップアプローチ

ボトムアップアプローチ
マクロ経済の動向などではなく、個別企業を調査?分析することで企業の将来性と株価の動向を見極めて判断する運用方法のことです。英語では、Bottom up Approachと言います。

ボトムアップアプローチとは、ファンドマネージャーや証券アナリストの徹底した個別企業のに対する調査?分析に基づき投資判断を行い、その蓄積により相対的なポートフォリオを構築していく運用手法のことです。徹底した調査とは、実際に投資候補となる企業を訪問して経営状況や現場の様子などを視察したりして、あらゆる情報を収集を行います。これに対し、経済や金利、為替レートなどマクロ経済動向の分析から、資産分配や業種配分を決定し、その後、資産配分の枠の中で個別銘柄を決めて行く運用方法を「トップダウンアプローチ」と言います。

一般的なファンドの運用時には、ボトムアップアプローチトップダウンアプローチが併用されて使われることも多く、具体的には資産をどの業種に配分するかをマクロ的視野からトップダウンアプローチで行い、個別銘柄の選定をボトムアップアプローチで行うという手法はよく見られます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading