一株当たり株主資本

一株当たり株主資本
決算期の1株当たり株主資本(純資産)のことです。英語でBook-value Per Shareと言います。

企業の安定性をみる指標です。株主資本÷期末発行済株式数で算出します。数値が高いほど、企業の安定性が高いことを意味します。投資の際、株価の割安度を見る指標となります。一般的に1倍以下なら割安と判断されます。ただし、業績不振や債務超過の疑いがある企業についても、1倍割れしたままの状態が続くことがあり注意が必要です。

会社法の施行前は1株当たり純資産と同義語でしたが、施行後は株主資本と純資産が区別されるようになり、この指標も区別されるようになりました。財務諸表的には資本の部に代わって純資産の部になり、その構成項目が変わったため、株主資本は、評価・換算差額等、新株予約権、少数株持分とともに、純資産の部の構成項目となり、会社によっては純資産=株主資本では必ずしもなくなりました。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading