板寄せ売買

板寄せ売買
証券取引所が、寄り付きや引けなどで売買を成立させるための方法のひとつ。板寄せ方式とも言います。

前場と後場には寄り付き(始値)と引け(終値)があります。その際、取引所は約定値段を決めなければなりません。そのため、約定値段が決まる前までに出された売買注文すべてを同時注文として取り扱い、板(売買注文を銘柄別に記載した注文控えのこと)に記載します。そして、数量に見合った最適な値段を決めていきます。

何らかの理由で売買中断となった銘柄の売買が再開された時、特別気配を示している時なども同様に決めます。

板寄せで株価が決まるにはいくつかの条件があります。まず成行の買いと売り注文をすべて約定させます。次にその約定値段より安い・高い注文を付け合わせてすべてを約定、最後にその約定値段で売り・買いの注文のどちらか一方について約定させ、他方は単元株以上を約定させるというものです。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading