陰線

陰線
陰線は、ローソク足の終値が始値よりも低い時に使われ、株価が下落傾向にある様子を示すチャートです。反対に、終値が始値よりも高い時は相場が上昇傾向にあり、この時は「陽線」で表されます。

ローソク足とは、ある期間の株価の始値、高値、安値、終値を図形化したもので、株価などの相場の値動きを、時系列に沿って図表として表す手法のひとつです。ローソクチャートとも呼ばれることがあります。

例えば、特定の株価の始値が+150円でスタートしたとして、終値が+50円だった場合、株価は前日比100円上昇したことになりますが、ローソク足は陰線ということになります。陰線の長さを見れば、「始値」から「終値」にかけての下落幅がわかります。始値から終値の下落幅が小さい時を「小陰線」といい、大きい場合を「大陰線」といいます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading