バスケット取引

バスケット取引
複数の銘柄をまとめて、一括で売買する取引のことです。英語では、Basket Tradeと言います。

バスケット取引とは、複数の銘柄をまとめてバスケット(かご)に入ったひとつの商品とみなすことで、証券会社が通常はバスケットをひとつの取引として手数料を設定するというものです。一般的には、15銘柄以上で1億円以上の大口取引が対象であり、大口の投資家がまとまった銘柄を売買したい時に、証券会社が執行コスト分を割引して、売りむかう、または買いむかうことにより約定を行います。ファンドや機関投資家などが、ポートフォリオの銘柄入替や株価指数に連動させるために行うインデックス運用の売買、裁定取引に伴う現物株の売買などに利用されます。

バスケット取引では、店頭市場や立会外取引が使われるため、一般市場が閉まっている時間帯でも取引が可能となっています。「昼のバスケット取引」とは、前場終了後のバスケット取引は、後場の市場動向にも影響が出るため、市場参加者からも注目を集めます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading