課税標準

課税標準
納める税額を算出する時に、基本的な数値になるものを指します。それぞれの税すべてに、各課税標準が定められています。所得税などのように金額で表示されるもののほか、キログラムやリットルなどの数量で表されることもあります。英語ではBasis of Assessment と言います。

「所得税」の課税標準は、所得控除後の課税所得額となり、「法人税」の課税標準は、企業利益を基準として益金から損益を控除した額となり、「住民税」の課税標準は、国税とほぼ同じ方法で規定されています。

ただし、課税標準だけが課税額を決める方法ではなく、もちろん例外や控除にあたる事項もいろいろ該当することもあるので、これらの事項を含めて、最終的な納税額は決まるようになっています。「不動産取得税」や、「固定資産税」、「都市計画税」などには、住宅用地の確保や建築促進などのために、課税標準を本来設定されているものより軽減して算出する特例が設けられています。「相続税」の場合は、所得が関係しないので、課税標準は相続した資産や金額が対象となります。

課税標準は、国税通則法第2条において特に定義されておらず、各税法上に使用されている用語です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading