割安株

割安株
本来持っている価値と比較して、株価が低い(割安)と思われる銘柄のことで、「バリュー株」とも呼ばれます。英語では、Bargain Stockと言います。

割安株とは投資尺度から見て、市場の平均値と比較して割高であると判断される銘柄や、過去の株価水準で判断されたものが現在の水準では割高だと判断される銘柄などを指します。その株本来の価値を評価する作業は難しいものですが、原則としては、収益性や資産性、成長性などから分析し評価します。その評価をもとに割安と判断できる株のことを割安株と言います。

割安株を判断する指標として使われるのが、「PER(株価収益率)」や「PBR(株価純資産倍率)」などが代表的です。PERは、株価が1株あたり利益の何倍まで買われているかを示し、これが低いほど株価が利益に対して割安であるとされます。PBRとは、株価が1株あたり純資産の何倍まで買われているかを示し、これが低いほど株価が純資産に対して割安であるとされます。しかし、PBRが異常に低い銘柄については、企業の存続自体に問題を抱えている可能性が高いため注意が必要となります。また、テクニカル面でチャート上の移動平均線に対して下方に乖離しているような銘柄も割安株にあげられます。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading