日銀短観

日銀短観
日本銀行が四半期ごとに調査、公表している企業の業況調査のこと。英語でBank of Japan's Quarterly Economic Surveyと言います。

正式には企業短期経済観測調査と言います。3、6、9、12月に日銀が行なう上場企業、および中小企業への景気アンケート調査です。資本金10億円以上の大企業から2千万円以上1億円未満の中小企業まで、1万社以上が調査対象となっています。速報性、サンプルの多さがこの統計の信頼性を高めています。

日銀短観は計数調査と判断調査から構成されています。計数調査は売上高、雇用者数、借入金など計数を見るもの。一方の判断調査は生産、売上、在庫調査、設備投資、企業収益、雇用、企業金融の項目に対して「良い」「さほどよくない」「悪い」の3つから選択させます。特に判断調査では、好況感を感じている企業比率から、感じていない企業比率を引いたDIという指数があり、主要企業のDIは景気判断の指標として株式市場にも影響力が強いと言われています。数字が大きいほど企業の将来展望が明るいことを示しています。

企業を取り巻く景気の現状、先行きに対する見込みも示されることから、先行性のある経済指標として国内外の投資家たちから注目されています。内閣府が発表する「月例経済報告」と並んでマクロ経済の代表的な調査報告のひとつになっています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading