バランスファンド

バランスファンド
オープンエンド型投資信託の一種で、株と債券の両方を組入れたファンドのことです。英語では、Balanced Fundと言います。

バランスファンドは、投資信託協会では「株式組み入れ比率が70%未満で、株式・公社債のバランス運用、或いは公社債中心の運用を行うもの」と規定されています。一般的に、国内株式、国債債券、外国株式、外国債券の4種類に分散投資を行うポートフォリオを構築することが多く、国内外のREIT(不動産投資信託)や新興国株式などを組入れる場合もあります。

バランスファンドの特徴は分散投資ができることです。バランスファンドで資産運用を行った場合、株が値下がりしても債券が値上がりしていれば投資信託全体の値下がりは低くなりリスクも低く抑えられます。また逆に、債券が値下がりしても株価が値上がりしても投資信託全体の値下がりは低くなりリスクも低く抑えられます。中長期的に見れば、リスクを分散することで比較的安定した資産運用ができる投資信託です。また、バランスファンドはリターンとリスクの大きさにより、「ローリスク?ローリターン型」、「ミドルリスク?ミドルリターン型」、「ハイリスク?ハイリターン型」に分類されます。株と債券では値動きが異なるため、バランスファンドを選ぶ時には、株と債券の割合を把握しておくことが重要です。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading