パックマン・ディフェンス

パックマン・ディフェンス
敵対的買収をしかけられた会社が逆に、買収会社に対して買収を仕掛ける防衛策のひとつです。英語では、Pac-Man Defenseと言います。

パックマンディフェンスは、米国で1980年代にM&A(企業合併&吸収)が活発に行われた当時に、同じく米国で大ヒットしたテレビゲーム「パックマン」 が、モンスターに追いかけられクッキーを食べることで攻守位置を変えることに由来します。パックマン?ディフェンスは具体的には、買収される側の企業が買収企業に対しTOBを仕掛ける逆公開買付けを行い、この逆公開買付けが進めば買収企業は取得した対象企業の株式の議決権が失われ、結果的に支配を回避することができます。

しかし、パックマンディフェンスは、攻めではなく守りの買収を行う点で、既存株主の理解が得られるかという問題があり、また買収者が非上場企業や個人の場合には使えない手段という弱点があります。この防衛策は買収する企業にTOBのための資産売却や借入れ資金の調達などの高いリスクも生じ、財務的に余裕のある企業でなければ実行できません。 米国では、買収対価として金庫株を利用する株式交換方式が多いため、外部資金を調達するケースと比べて負担は少なくて済みます。ただ、この場合も株式の希薄化が進むため、パックマン?ディフェンスについての株主の支持が集まらない可能性はあります。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading