裁定取引

裁定取引
ふたつの市場間の価格差を利用してサヤ取りを行うこと。英語でArbitrageと言います。

似たような性格を持つふたつの金融商品が、異なる市場で価格差が出ている場合、割高な商品を売ると同時に割安な商品を買い、差額を稼ぐ手法です。

たとえば、先物取引/オプション取引の場合。1株1000円の現物株があり、その先物価格が1200円だったとします。この際は、現物を1万株購入し、先物を1枚売り立てます。先物の最終日(SQ)に、現物の株価が1400円になったとすると、現物で400万円の利益、先物で200万円の損出が出て、トータルで200万円のプラスとなります。反対に現物の株価が800円に下がったとしても、現物で200万円の損出、先物で400万円の利益が出て、トータルでやはり200万円のプラスとなります。

このように、先物と現物との間、円と米ドルとユーロ間などに価格差がある時、両者を反対に売買することで、市場リスクをできるだけ軽減して運用するというのが裁定取引です。一時的な市場のゆがみを巧みに利用し、現物と先物、現物と指数、為替間ギャップを効率よく組み合わせながら売買することで、安全性の高い収益を得ることができる可能性が高くなる取引なのです。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading