赤三兵

赤三兵
チャート解析手法「酒田五法」にある三兵の中のひとつ。チャート上にローソク足の始値より終値が高くなった状態を示す陽線が、3本続けて出る状態。相場が強気でさらに続伸する可能性があります。「あかさんぺい」と読みます。

酒田五法は、江戸時代の米商人だった本間宗久が編み出したチャートの解析手法で、三兵の他に、三山、三川、三空、三法があります。三兵は、陽線3本、または陰線3本が続けて並ぶ状態のことで、赤三兵は寄り付きは高くないけれど、終値が切り上げているものを指します。かつて陽線を赤で示していたことから名付けられたといいます。反対に陰線が3本続けて安値を更新している状態を黒三兵といいます。

株式相場では、陽線が3本連続すると、それまで下降トレンドだった株価が一転上昇に向かいそのまま上昇トレンドが続く可能性が高いことから、安値圏で赤三兵が出たら買いと言われています。

ただし、3本目の陽線の上ひげが下ひげより長い(上影陽線)、柱もひげも短い(コマ)のときは、上昇の勢いが鈍っていることが多いため見送られることが多いです。また、高値圏で赤三兵が出た場合も、投資は慎重にしたほうが無難と言われています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading