アクティブ運用

アクティブ運用
ファンドマネージャーら株のプロが、株式を運用する際、市場平均以上の成果を上げようと積極策をとること。英語ではActive Managementと言います。

アナリストが個別の企業の業績を研究したり、ファンドマネージャーが市場を詳しく分析して、個別の銘柄を頻繁に売買することが効率的でないと判断した時など、株価が上昇しそうな企業やセクターの株に集中的に投資して市場のベンチマーク以上の成果をあげようと積極策に出ることがあります。金融のプロフェッショナルが専門知識や経験、相場観を結集して市場に挑戦する運用方法がアクティブ運用です。

アクティブ運用には、市場動向をマクロに分析し個別またはセクター別に配分を決めてから個々の投資対象を決めるトップダウンアプローチ、個別の投資対象を積み上げながらポートフォリオを組成するボトムアップアプローチの2タイプがあります。いずれにしても、成績は運用を行なうファンドマネージャーの才覚に大きく左右されます。ハイリスクハイリターンの要素が強いのでインデックスが低迷している時などに人気が出ています。

こうしたアクティブ運用に対して、平均株価や株価指数などに連動した投資収益を目指し消極姿勢で運用する手法を、パッシブ運用と言います。英語ではPassive Managementと表記します。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading