アキュムレーション

アキュムレーション
債券の償還差益(償還時と購入時の差額)の債券が、まだ残存する期間に均等に配分すること。英語ではAccumulationで蓄積、利殖という意味。その逆をアモチゼーション(Amortization)と言います。

例えば、公社債の帳簿上の金額が額面上の金額より低い場合、その額面に達しない部分の金額については、企業会計原則に従って、毎期一定の方法で増額して、帳簿上の金額を引き上げていくという方法をとることができます。

低金利が長期に続くと、過去に発行した表面利率の高い債券は、購入額が額面上の金額を上回ることがあります。このようなケースで購入額をもとに帳簿上の金額を算定すると、期末帳簿の金額が上ぶれか下ぶれをして、そのまま償還すれば償還損か償還益が事業年度にいっぺんに計上されてしまいます。収益の安定性を考えると、これらの損益は一度の事業年度に計上すべきではなく、購入から償還まで複数年かけて配分されることが望ましいと考えられており、その方法がアキュムレーション、またはアモチゼーションなのです。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading