株式累積投資

株式累積投資
毎月一定額、少額の資金で株式投資ができる制度で、一般に「るいとう」と呼ばれています。

1992年8月に政府の総合経済対策で打ち出され、1993年2月からスタートしました。投資家は証券会社で国内公開銘柄や日経300投信から買入対象を最大10銘柄まで選び、1銘柄につき月々1万円以上1000円単位の金額を積み立てていきます。証券会社は、そうした資金を集めて投資家が選んだ銘柄を購入します。株式累積投資は基本的に中長期投資であるため、どの銘柄を(将来の有望性)選択するかが、とても重要になってきます。

株式累積投資では、株式名義人は証券会社の株式累積投資共同買付け口名義となりますが配当や株主分割による増加株数は、持ち分に応じて投資家に分配され、投資家の持ち分が単元株に達した時点で投資家に引き渡すことになります。毎月一定額を投資するために、株価が高い時は購入株数が少なくなり、逆に株価が安い時は購入株数が多くなるという「ドルコスト平均法」による買付けになり、有利な投資ができると言われています。


認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading