売掛金

売掛金
売掛金(Accounts receivable)とは、商品を販売し引き渡しが済んでいながら、その代金が未回収の状態にある金額のことを言います。売掛金のことを俗語では「ツケ」と表現されることもありますが、回収されれば現金(貨幣)となる資産です。そのため、売掛金を「貨幣性資産」と呼ぶこともあります。

売掛金は販売代金の未回収金であるため、ある期間で回収されて現金となる必要があります。売掛金が回収された場合は、売掛金を消去(減少)させるための処理が必要になりますが、この処理は会社の現金や利益が増加する処理と一体化の関係にあるといえます。

売上金は企業間の信用取引によって成立していると言えますが、売掛金が発生した後に、取引先の経営悪化などによって回収不能の可能性もあるため、その危険性も含めて貸倒引当金を計上しておく必要があります。売掛金を管理し、正確な請求と管理をすることは、企業の経営上とても重要なこととなります。ただ、店舗の売却などで発生する、通常業務以外での未回収分のお金においては「未収金」となり、売掛金とは別の扱いになります。

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading