ドイツ(DAX)




ドイツ(DAX)のリアルタイムチャート

取引時間(日本時間):16:00~0:30

ドイツ(DAX)のテクニカル分析

表示期間:3ヶ月(日足)
赤色の線:25日の移動平均
灰色の線:ボリンジャーバンド
2つ目のチャート:RSI
3つ目のチャート:スロー・ストキャスティクス
4つ目のチャート:W%R

ドイツ(DAX)のテクニカル分析

表示期間:1年(週足)
赤色の線:13週の移動平均
2つ目のチャート:RSI
3つ目のチャート:W%R

ドイツ(DAX)のテクニカル分析

表示期間:10年(月足)
赤色の線:52週の移動平均
MA(移動平均)
基本的で、最も広く使われているテクニカル指標で、相場のトレンドを明確にするための指標のひとつ。
ある基準日を基点に、過去の一定期間(短期・中期・長期)の株価の終値の平均値を結んだラインです。
その仕組みの単純さからトレンド分析の原型とされ、多くの投資家から利用される分析技法です。
一日ごとにみる(日足)チャートでは短期は過去13日間、中期は過去26日間、長期は過去52日間の株価の平均値を毎日集計して点線でつなぎます。
週ごとにみる(週足)チャートでは、短期は過去13週間、中期は過去26週間、長期は過去52週間の株価の平均値を毎週集計して点線でつないぎます。
特定の日の値動きに左右されにくく、相場全体の方向性を見極めるのに適しています。

計算式
単純移動平均線(SMA)= (当日も含め)N本の終値の平均
ボリンジャーバンド
株価の過去の動きを統計学的に処理し、今後の株価の範囲を予測するものです。
20日移動平均線に標準偏差(σ:シグマ)を加減した2本の線を上下にとり、株価とこの上下の線の位置関係から、売買タイミングを計るものです。
上下の線を突き抜けてしまう確率は確立的に約5%程度しかなく、このタイミングを売買のサインとします。 そのため、短期的な売買サインを見極めるというよりは、大きな転換期をとらえることに使われる指標です。

一般的には、
  • 終値が+σの線を下から上へ突き抜けたときが、売りのサイン
  • 終値が-σの線を上から下へ突き抜けたときが、買いのサイン
と言われています。

計算式
ボリンジャーバンドUPバンド=移動平均+標準偏差
ボリンジャーバンドLOWバンド=移動平均-標準偏差

※標準偏差
=√(期間×期間内の終値の2乗の合計-期間内の終値の合計の2乗)÷(期間×(期間-1))
RSI(相対力指数)
「Relative Strength Index」の略で、「相対力指数」とも呼ばれています。
MFIと考え方が似ている指標ですが、価格面のみに着目しており出来高は考慮していません。
RSIはMFIと同様に買い時、売り時が比較的わかりやすいのですが、計算を簡単にするため出来高を考慮していない点に注意が必要です。
RSIの値は0~100の間で推移します。
一般的には、
  • RSI≦20のときは、売られすぎ(買いのサイン)
  • RSI≧80のときは、買われすぎ(売りのサイン)
と言われています。

RSI=A/(A+B)×100
A=期間内の値上がり幅の合計
B=期間内の値下がり幅の合計の絶対値

Slow Stoch(スロー・ストキャスティクス)
「Slow Stochastics」の略で、「スロー・ストキャスティクス」とも呼ばれています。%D、SDという2本の線の位置関係から、売買タイミングを計るものです。
ストキャスティクスは、株価が一定の範囲で上下するような展開(ボックス相場)のときに有効な指標です。その逆に、(材料が出るなど)ボックス圏を抜けるような展開になると、その精度は落ちてしまいます。%D、SDの値はいずれも0~100の間で推移します。
一般的には、
  • %DとSDがともに30%以下で、%DがSDを下から上へ突き抜けた(ゴールデンクロス)ときが、買いのサイン
  • %DとSDがともに70%以上で、%DがSDを上から下へ突き抜けた(デッドクロス)ときが、売りのサイン
と言われています。

%K =(当日終値-N日間の最安値)÷(N日間の最高値-N日間の最安値)×100
%D =(当日終値-N日間最安値)のH日間計÷(N日間最高値-N日間最安値)のH日間計×100
SDライン = %Dのn日間の平均
W%R
一定期間の高値と安値、現在値の位置関係を相対化したもので、その推移から売買タイミングを計るものです。Fast Stochの%Kと似ていますが、%Kは安値を基準として計算しているのに対して、W%Rは高値を基準としている点が異なります。
W%Rはストキャスティクスと同様に、株価が一定の範囲で上下するような展開(ボックス相場)のときに有効な指標です。その逆に、(材料が出るなど)ボックス圏を抜けるような展開になると、その精度は落ちてしまいます。 W%Rの値は100~0の間を推移します。計算式の違いから、%Kとはちょうど逆の動きをします。
一般的には、
  • W%R≧80のときは、売られすぎ(買いのサイン)
  • W%R≦20のときは、買われすぎ(売りのサイン)
と言われています。

認定ブロガーの方

海外の株価

国内の株価

為替・商品など

時系列データ

関連情報



Dukascopy. Swiss forex company provides biggest liquidity and marketplace for electronic forex trading